• 埼玉県さいたま市大宮区仲町2-9 仲町シロタビルEAST301
Web予約 お問い合わせ
MENU

目立たない矯正治療

目立たない矯正治療

見えない矯正治療とは

目立たない矯正治療

見えない矯正とは目立たない器具を使った治療方法のことで、歯の裏側に装着する舌側矯正治療と、透明なプラスチックのマウスピースを使ったマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン※)などがあります。

見えない矯正の種類(裏側矯正治療・マウスピース型矯正治療)

舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

表からは見えにくい裏側での矯正治療ですので、矯正していることが周りの人からは分からない状態で矯正治療を行うことができます。上下顎ともに裏側で治療する「フルリンガル」、上顎は裏側、下顎は表側で治療する「ハーフリンガル」があり、技術的には細かい調整が必要となることがあるため、唇側矯正よりも期間・費用がかかります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザラインなど※)

取り外しができる装置による矯正治療で、矯正装置が目立たないというメリットがあります。取り外しができる分、患者様ご自身の強い意思がないと治療自体が難しく(使用時間は1日20時間以上)、予定通りに治療が進まないケースもあります。また、適用症例が限られます。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害 救済制度の対象外となる場合があります。

料金

詳細は料金のページをご覧ください